口元を美しく、そして健康的に

口を開けた時に前歯が欠けていたり、汚れがあったり、歯茎が過剰に見えている気がしたり…
そんな歯やお口に対するコンプレックスを抱えてお悩みではありませんか?
咬み合わせや歯のかたちを整えることで、必然的に口元の見た目も改善されます。
いしはら歯科クリニックの審美歯科治療では、美しさはもちろん機能性も追求しております。

綺麗で身体に優しいセラミック

選択肢は様々、ベストな選択をお手伝いします

当院の審美治療は白く美しい見た目の審美性はもちろん、銀歯などの金属を使わないで、オールセラミックやジルコニアなどのメタルフリーの素材を使って治療を行うことで、金属アレルギーや金属イオンによる歯肉の黒ずみのリスクを減らすことを考慮した上で治療をします。
なお金属を使用しないので、見た目も白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。

銀歯は金属アレルギーの原因になる?!

セラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという優れたメリットもあります。
また、歯肉との適合も良いため、被せ物周辺の歯肉の健康も維持できます。

様々な審美歯科材料

◆オールセラミック
口腔内のすべての歯に適用できる方法です。土台となる歯の外側に人工歯としてすっぽりかぶせるタイプです。セラミックのみで作られているので金属アレルギーの方に有効です。インプラントとの併用で天然歯とほとんど見分けがつかない仕上がりが期待できます。

◆ジルコニア
ジルコニアは、軽く、とても丈夫なセラミックです。歯科で使用されるジルコニアはダイアモンド類似石としても用いられるジルコン人造ダイアモンドと同じ元素なので、歯科素材の中でも一番の高い強さと美しさを持つ素材です。

◆銀歯
歯医者さんに行くと皆様がもっともよくみる金属の歯が銀歯です。保険治療が適応できるというメリットがありますが、審美性が優れておらず、歯肉が黒ずみやすく、金属アレルギーのリスクがあります。健康面や審美面からみても他の素材に劣ります。

◆メタルボンド
白い被せ物を作るときに、ポーセレンを金属の枠組みに焼き付けて作るメタルボンドという冠が長い間使用されてきています。しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もあります。

https://ishihara-dental.jp/wp/wp-content/uploads/2021/11/aba1.png

金属を使わない身体に優しいメタルフリー治療
メタルフリー治療とは、ノンメタルの材料(ジルコニアやセラミックなど)を使用する、銀歯などの金属を使わない治療です。
金属を使用していないので金属アレルギーの発症はもちろんなく、さらに金属イオンによる歯茎の黒ずみなどの心配もありません。見た目も天然歯に近い自然な白さに仕上がります。