小児歯科

お子様の歯は大人よりも弱く虫歯になりやすい傾向があります

歯を削る事に恐怖を覚える子が多い中で、将来のためにも歯医者を嫌いにならぬ様、 定期的な検診により、出来るだけ削る治療が必要となる前の段階で、初期虫歯の発見をし原因を突き止めるよう心がけております。ご両親様もご自分の歯と同様にお子様の歯も大切にしてあげてください。 特にお子様の場合、歯磨き方法、食習慣の改善により虫歯の重症化や、多発化を食い止める事が十分できます。子供のころ、虫歯治療で痛い思いをしなければ、大人になっても定期検診が習慣化され、生涯にわたり健康な歯を持ち続けられる事が可能となります。

-成長に合わせた診療-

例えば、乳歯がようやく生えそろった3歳前後のお子様と、永久歯が生えかけてきた小学生くらいのお子様では歯のケアで気をつけるべき点は全く異なります。た、小さなお子様ですと歯医者に来る事自体をとても怖がる子もいます。当院では、以上を踏まえた上でお子様の年齢・性格・成長に合わせて無理のない治療を心がけています。

お子様なりに治療内容を理解し、お子様なりに理解できた上での治療を行って参ります。 そうする事で、歯磨きに興味をもち、歯医者を怖がらず治療に来られるようになることを最大の目標としています。