インプラント

自然に噛める“第2の歯”といっても過言ではありません

歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。歯根まで失った時にとられる処置としては、入れ歯やブリッジなどが浮かぶかと思います。しかし、入れ歯やブリッジの場合、見た目が美しくない・硬い物が食べられない上美味しくない・熱伝導が悪い・何度も作り直さなくてはならないなど多くの問題が生じます。 また、欠損したまま放置した場合は周囲の歯に必ず悪影響が出てきます。それらを解決するために、インプラントといった治療方法を選択する方が最近多くなってきました。

インプラントは、ご自分の歯と同様に自然に噛める“人工歯根治療”のことです。入れ歯やブリッジとは異なり、審美性・耐久性・咀嚼力など全ての点において優れています。1本から全ての歯に至るまで治療可能となっています。インプラントの方法を簡単にご説明しますと、抜歯した部分の骨(歯槽骨)にチタン製の人工歯根を植立して人工の歯を作ります。ある程度の期間眠らせ、強固に骨と結合させ、それを土台にして元のご自身の歯と同じような歯を取り付けていきます。

見た目も機能も元の歯のようになります。他の治療法と異なり、隣接する歯を削ったり支えを求めないため、残る歯にもっとも優しく定期的に適切なメインテナンスをしていれば長期に快適にご使用いただけます。

 

Ⅰ.インプラントの構造

インプラントは顎の骨に埋め込むフィクスチャー(人工歯根)、歯肉を貫通するアバットメント(支台)、その上に被せる上部構造(被せ物の人工歯)からなっています。

Ⅱ.インプラント治療の流れ

まず、歯の根に相当するフィクスチャーを埋め込む手術を行います。
その後3~6カ月後に土台となるアバットメントをフィクスチャーに連結します。
アバットメントに被せる人工歯をつけて終了です。