一般歯科

80歳までに20本の歯を残す‘8020運動’を薦めております

ご自身の歯で一生涯にわたり、おいしく食事をとり潤いのある生活が送れますように 当院では、80歳を迎えた時に20本以上のご自身の歯を残す事を目標とした‘8020運動’を薦めております。 歯を失う原因となる2大疾患である①虫歯②歯周病の早期治療はもちろん、正しいブラッシングと定期的な検診による予防をしていく事が重要です。 そこで、少しでも多くの歯を残すための当院の取組みをご紹介いたします。

-歯周病予防-

歯周病はむし歯以外で歯を失う場合にもっとも多い疾患です。
成人の8割以上が歯周病または予備軍です。

歯周病は自覚症状がほとんど無いまま重症化し、異変に気付いた時には一気に多数の歯を 失う可能性のある怖い病気です。 歯周病の予防は日ごろからのご自身での歯磨きが第一ですが、定期検診で磨きにくいところや、痛みやすい歯周ポケットのケアを行い歯垢や歯石を残さないことが重要です。

歯磨きは、毎食後が理想ですが難しい場合は就寝前に念入りに行い、仕上げに歯の間をデンタルフロスや歯間ブラシ等を使用しプラークをできる限り除去しましょう。そして、歯科クリニックにて治療を受ける事により万全な歯周病対策が可能となります。(日中難しい時は口を水でゆすぐだけでもやらないより断然効果が期待できます。)

-定期検診-

定期的な検診を受けることで、虫歯や歯周病の早期発見が可能です。

ご自分で歯磨き等をしっかり行っていても、ご自身の判断だけではどうしても見えない部分への正確なケアは困難です。初期のむし歯は正しい歯磨き、食習慣の見直しにより、進行を食い止めたり、再石灰化による歯の修復も期待できます。 また同様に初期の歯周病においても適切な歯磨きは、歯肉の腫れの改善や、健康な歯茎に戻すことも大いに期待できます。

定期的に診断を受ける事で、虫歯や歯周病を早期に発見し、大がかりな治療をしなくても治るサイクルを一緒に作っていきましょう。 当院は患者様の‘かかりつけ医’となれますよう、責任を持って院長一人で診てまいります。安心してご来院ください。また小さな事でも何でもご相談下さい。